ページの先頭へ

小林化工70周年

トップ > 小林化工70周年

創立70周年を迎えて

当社は1946年12月に福井県製薬所より独立し創業して以来、お陰様で本年12月に創業70周年を迎えることになりました。これもひとえに弊社事業と密接な関係にあります医師、薬剤師、看護師並びに製薬企業、販社、卸の皆様方の長年にわたるご支援、さらには患者様お一人お一人のご愛顧の賜物と心より厚くお礼申し上げます。

弊社は当初消化器系及び皮膚科用剤の一般用医薬品の販売を行い、その後学校等で定期的に服用が義務付けられました駆虫薬等の販売を実施しておりました。しかし、1961年4月には医療用医薬品分野への進出を目的とし小林化工株式会社を設立し、経口剤、外用剤を中心に注射剤も手掛け幅広い製品ラインアップを整備すると共に、開発から製造、販売までを自社で一貫して展開するジェネリック医薬品専業メーカーとしての道を歩んで参りました。

しかしこれまでの道のりは決して順風満帆な状況ではなく、1968年には市内中心部に立地しておりました旧の東工場におきまして火災が発生し、工場部門が全焼するという困難に見舞われました。事業を継続するかどうかの瀬戸際だった経営陣の後押しをしたのが当時の従業員の何としてでも再建するという士気の高揚と獅子奮迅の活躍でした。あれから48年。「私達は常に人々の健康と幸福を守るために誠意をもって創造と努力をいたします」という社是の下、高付加価値型ジェネリック医薬品メーカーの使命として製剤技術を研き患者様のアドヒアランスを高める製剤を追求して今日に至りました。

今後は100周年に向けまして多様性の時代に真摯に向き合い、世の中の変化や事業環境の変化を捉えて周到な準備を行い、社会から必要とされる存在感のある会社を目指して参ります。 今後とも皆様方の変わらぬご支援ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

小林広幸

代表取締役社長

小林広幸