ページの先頭へ

ジェネリック医薬品とは

トップ > 一般の皆様 > ジェネリック医薬品とは > ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?

医療用医薬品には、同じ成分、同じ効き目で、高いお薬と安いお薬があるのをご存じですか?高い方は、日本で最初に発売されたお薬(新薬)で先発医薬品と呼ばれており、安い方は、新薬の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て発売されるお薬で、後発医薬品と呼ばれます。後発医薬品は欧米では一般名(generic name)(※成分名のこと)で処方されることが多いためにジェネリック医薬品とも呼ばれています。

どのような画期的発明でも、その特許が切れれば発明者の財産から国民共有の財産になります。医薬品も同様です。新薬は、特許を出願してから20~25年間、先発医薬品メーカーが独占的に製造販売することができます。 しかし、その特許が切れれば、その有効成分や製法等は共有の財産になり、ジェネリック医薬品メーカーから同じ成分、同じ効き目の医薬品をより安価で患者の皆様に提供できるようになります。
また、特許期間が満了した医薬品は、発売されてから長期間を経ていますので、発売されてまもない新薬と比べて効き目や安全性に関する多くの使用実績を有しているといえます。ジェネリック医薬品はこのような豊富な臨床経験を有した医薬品と同等なものとして承認された医薬品であり、さらに発売されてからもその安全性等に関する情報は適正に収集され、医療関係者の皆様にフィードバックされています。