ページの先頭へ

企業情報

トップ > 企業情報 > 企業概要

企業概要

沿革History of our company

平成30年10月現在

1946(S21).12 福井県製薬会社より分離独立し、小林製薬所として発足。
一般用及び配置用医薬品の製造販売を開始。
1961(S36). 4 小林化工株式会社を設立し、医療用医薬品の製造販売に進出。
1970(S45). 8 経口剤及び外用剤専用の矢地第一工場を新設。
1971(S46). 5 台湾をはじめとする東南アジア市場への輸出を開始。
1972(S47). 1 研究開発部門並びに品質管理部門の拡充を目的に研究所を新設。
1973(S48). 5 関東地区の販売拠点として東京営業所を開設。
1975(S50). 1 注射剤専用の矢地第二工場を新設。
1982(S57).10 経口剤の生産能力向上を目的に新たな矢地第一工場を建設。
1997(H09). 3 アシクロビル注射剤の液剤化に世界で初めて成功。
2001(H13). 4 アシクロビル注射剤の技術開発により、「福井県科学技術顕彰奨励賞」を受賞。
2005(H17). 5 改正薬事法対応及び生産能力の拡充を目的に矢地第一工場を一新。
2006(H18). 5 研究開発能力の拡充を目的にR&Dセンター(研究開発棟)を新設。
2006(H18). 5 関東地区の販売強化を目的に東京営業所を改組し、東京支店を開設。
2008(H20). 9 販売提携製品の取り扱いを主業務とする小林化工販売株式会社を設立。
2009(H21). 3 プランルカスト錠「EK」の開発が評価され、ジェネリック医薬品協議会(GEDA)より「2009年優秀ジェネリック医薬品奨励賞」を受賞。
2009(H21). 8 九州地区の販売拠点として福岡営業所を開設。
2010(H22). 3 メサラジン顆粒50%「AKP」の開発が評価され、GEDAより「2010年最優秀ジェネリック医薬品賞」を受賞。
2010(H22).11 北海道・東北地区の販売拠点として仙台営業所を開設。
2011(H23). 5 経口剤のさらなる生産能力向上を目的に3次元フロービン自動搬送システムを導入した清間第一工場を新設。
2012(H24). 5 中部地区及び近畿・中四国地区の販売拠点として名古屋営業所及び大阪営業所を開設。
2012(H24). 7 抗がん剤領域への展開強化を目的にオンコロジーセンターを新設。
2013(H25). 3 ゾルピデム酒石酸塩OD錠「KN」の開発が評価され、GEDAより「2013年優秀ジェネリック医薬品奨励賞」を受賞。
2013(H25). 7 安定供給体制の向上を目的に耐震性能に優れた立体自動倉庫を付随した総合物流センターを新設。
2013(H25).10 中国・四国地区の販売拠点として広島営業所を開設。
2014(H26). 7 飲みやすく、取り扱いやすい剤形開発を推進するため、新たな製剤開発の拠点として、製剤技術総合研究所を新設。
2014(H26).11 北海道地区の販売拠点として札幌営業所を開設。
2015(H27). 3 北陸地区の販売拠点として金沢営業所を開設。
2016(H28). 7 西日本での医薬品情報の拡充と営業体制の強化の為、大阪営業所を支店に昇格。
2016(H28).12 更なる安定供給確保のため、最新鋭の設備を備えた清間第二工場を新設。
2017(H29). 3 品質保証レベルの更なる向上のため、信頼性保証センターを新設。
2018(H30).10 九州・沖縄エリアでの医薬品情報の拡充と営業体制の強化の為、福岡営業所を支店に昇格。
2018(H30).11 省エネルギー性能評価「ZEB Ready」を取得した新本社棟を建設。