ページの先頭へ

企業情報

トップ > 企業情報 > ご挨拶

ご挨拶

 当社は、2021年5月に経営体制の刷新を図り、「品質が担保された医薬品を社会に安定供給する」という製薬会社としての責務を果たすため、業務改善を推進し、コンプライアンス体制の見直しを含めた改善活動に取り組み、全社一丸となって再建を目指して参りました。
 しかしながら、改善活動が進展するにつれて改善すべき点が多岐に亘ることを認識し、単独での医薬品製造再開までは相当程度の時間を要することが見込まれるに至りました。

 このため、2021年12月に公表をいたしましたとおり、当社は、2022年3月31日をもって、サワイグループホールディングス株式会社が設立したトラストファーマテック株式会社(以下「TP社」)に対し、当社の有する本社、工場にかかわる土地建物および設備機器を譲渡し、同日付で医薬品製造業許可について廃止いたしました。また、2022年4月1日には、生産部門を中心とする多くの従業員がTP社へ転籍し、医薬品の製造機能がTP社に移管されました。
 当社は、医薬品の製造再開をTP社の手に委ねることにより、同社のもとで、譲渡した工場が早期に再稼働し、市場への医薬品供給を進めて頂けるものと確信しております。

 今後、当社は、製薬会社としての社会的責任を全うするべく、つぎの各業務を誠心誠意取り組んで参ります。

 まず、当社が製造・販売してきた医薬品のうち、医療上の必要性が高い一部医薬品については、他社へ承継するなどして、安定供給に支障を生じさせないよう最大限努めて参ります。
 つぎに、その余の医薬品につきましては当社が有する医薬品製造・品質管理の全機能をTP社に移管することにより、市場に流通している医薬品の品質を将来的に担保することができなくなります。このため、2022年1月31日付で全製品の自主回収に着手し、その後、薬価削除そして承認整理を行い、2023年4月に当社は製造販売業許可を廃止し、製薬会社としての一切の許認可を廃止する予定です。
 なお、これらの業務とは別に、当社が製造販売いたしました経口抗真菌剤イトラコナゾール錠への睡眠剤の混入による健康被害に遭われた方々への補償については、最後まで責任を以って対応を行って参ります。

 最後となりますが、当社が製造販売いたしましたイトラコナゾール錠への睡眠剤の混入による健康被害に端を発し、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)と関連省令に違反していたことにより、福井県、そして厚生労働省より行政処分を受け、またそのことに関連し、多くの関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、改めて深くお詫び申し上げます。


   小林化工株式会社

代表取締役 田中 宏明