ページの先頭へ

企業情報

トップ > 企業情報 > ご挨拶

ご挨拶

2020年12月、当社が製造販売した医薬品(抗真菌剤イトラコナゾール錠)を服用された患者様に重篤な健康被害が生ずるという事態が発生いたしました。
このことに端を発し、当社が医薬品を製造販売する過程で様々な法令違反行為があったことが明らかとなり、2021年2月に業務停止処分及び業務改善命令を受け、さらに同年4月には承認申請において問題のあった当社製品の承認取消を受けるとともに業務改善命令を受けました。

当社が製造販売した医薬品により甚大な健康被害を生じさせましたことにつき、患者様、そのご家族の皆様及びご遺族様に心よりお詫び申し上げます。また、度重なる行政処分や当社製品の自主回収により数多くの医療関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことを、改めてお詫び申し上げます。

こうしたなか、同年3月10日付で当局に提出を致しました業務改善計画に従い、今般、当社の経営体制を一新する目的で、5月1日付けで代表取締役に就任致しました。

代表取締役の就任にあたり、当社は「真の製薬企業」として生まれ変わることが必要であり、コンプライアンスを最優先する経営に取り組むとともに、法令違反行為の再発防止を図ることをお約束します。
これを実現するためには、単に、役職員に対して教育訓練を継続的に実施するにとどまらず、常に、当社役職員に対して「法令遵守は何のためか?」を問い続け、また、自身を含む経営陣が「コンプライアンス第一」の姿勢を示し、会社全体に法令遵守の意識を浸透させるための不断の努力を積み重ねてまいります。

その上で、当社が社会に貢献する意義を見つめ直し、信頼される品質の医薬品を人々にご提供することにより、人の命や健康を支え、これをもって、製薬企業としての責務を果たしてまいります。

当社は非常に厳しい状況に置かれており、また、皆様の信頼を得られるまでの道程が険しいことは重々承知しております。この現実を直視したうえで、真の製薬企業として生まれ変わるため、組織風土を改善し、全社一丸となって企業改革に努める所存です。

   小林化工株式会社

代表取締役 田中 宏明