ページの先頭へ

ジェネリック医薬品とは

トップ > 一般の皆様 > ジェネリック医薬品とは > ジェネリック医薬品の製造工程 - 経口剤(散剤)

ジェネリック医薬品の製造工程

  1. 経口剤(錠剤)
  2. 経口剤(散剤)
  3. 経口剤(シロップ剤))
  4. 注射剤
  5. 外用剤(軟膏剤)

経口剤(散剤)

医薬品を粉末状に製したものです。

主薬 篩過賦形剤 篩過 混合 造粒 乾燥 篩過 包装結合剤

※各工程をクリックすると説明にジャンプします。

主薬

有効成分

賦形剤(ふけいざい)

散剤、顆粒剤・錠剤などに対し用いられる医薬品添加物であり、散剤や錠剤のかさを増すのに用いられます。

篩過

成分粉末を篩にかけ均一な粒子に揃える工程です。

混合

コンテナブレンダー等を使用し、2種類以上の異なる物質を混ぜ合わせ均一にする工程です。

コンテナブレンダー

結合剤

成分粉末の混合物に結合力を与え、安定な製剤を製するために用いられる添加物です。

造粒

原料からほぼ均一な形状と大きさをもつ粒をつくる工程です。

転動流動造粒乾燥機

  • ニューマルメライザー

  • マルチプレックスグラニュレーター

乾燥

原料粉体に加えられた溶媒を排出する工程です。

包装

医薬品の変質、劣化、汚染の防止を図り、定められた包装資材にて内容医薬品を保護し、封入、被包を行う工程です。