ページの先頭へ

ジェネリック医薬品とは

トップ > 一般の皆様 > ジェネリック医薬品とは > ジェネリック医薬品の製造工程 - 経口剤(シロップ剤)

ジェネリック医薬品の製造工程

  1. 経口剤(錠剤)
  2. 経口剤(散剤)
  3. 経口剤(シロップ剤))
  4. 注射剤
  5. 外用剤(軟膏剤)

経口剤(シロップ剤)

白糖などの甘味料を加えた医薬品を比較的濃稠な溶液または懸濁液などにした製剤です。

保存剤 溶解 溶解 混合 混合 充填 包装

※各工程をクリックすると説明にジャンプします。

保存剤

微生物による製剤の汚染・分解を阻止する目的で加える添加剤です。

溶解

溶液製剤にするために、固形の薬物や添加剤を精製水等に溶かす工程です。

薬液調製タンク

混合

2種類以上の異なる物質を混ぜ合わせ均一にする工程です。

薬液調製タンク

充填

製造した溶液または懸濁液などを容器(ボトル等)に詰める工程です。

充填・装栓装置

包装

医薬品の変質、劣化、汚染の防止を図り、定められた包装資材にて内容医薬品を保護し、封入、被包を行う工程です。

ラベル・シュリンク装置