ページの先頭へ

トップ > 一般の皆様 > 小林化工の製剤改良への挑戦 > 薬事分析部 山下 美帆

小林化工の製剤改良への挑戦

薬事分析部 山下 美帆

次のチャレンジへの活力になる

  • ハイ、私は昔から理化学が好きで、大学時代は化学系の学科に所属していましたが、就職に際しては、どのような形でも良いから人の役に立つような仕事がしたい!と強く思い、人の健康に直接係わる“医薬品”、その総合メーカーである、小林化工に入社しました。
  • 私が所属する薬事分析部では、医薬品の申請に必要な試験を実施し、申請資料としてまとめて、承認を得るといった業務を行っています。
    私の仕事は主に、試作製剤の評価や分析を行い、その結果をいち早く製剤設計担当者に報告すること。製剤についての評価結果や考察を事細かに報告し、分析者という立場から問題点や改良点を提起します。そして、お互いが情報を共有することにより、より良い製剤を開発しようと設計担当者と一丸となって奮闘しています。時には意見がぶつかり合い、激論になってしまうこともありますが、それだけ「より求められる、より喜ばれる医薬品を!」と思う気持ちが強いことなのだと感じています。また最近では、大手他社との共同開発も増え、製剤に関するデータの品質についてもこれまで以上に気を遣うようになり、担当者としては正直、大変です。しかし、「“小林化工”の名を背負っているのだ。」と気を引き締め、自身のスキルアップの為にも日々努力することを心掛けています。
  • ▲高速液体クロマトグラフィーでの分析

  • 仕事にやりがいを感じるときは、一つの医薬品を開発し、厚生労働大臣から承認され、発売まで辿り着けたときです。私の開発した医薬品が、実際に病気の人に役に立っているのだという、充実感と達成感でいっぱいになり、また次に開発する医薬品も頑張ろうという活力になります。医療現場で自分が携わった医薬品の需要が高いと聞いたときは、さらに満足度が増し、自信にもつながります。
  • 当社製品の需要は年々増加し、「付加価値型ジェネリックの小林」と言われつつあるので、それに恥じないような製品開発と、信頼を損ねないよう確実かつ迅速な分析・評価を行いたいと考えています。今後は、低価格で高品質なジェネリック医薬品を出来るだけ早く患者様の元に届けられるよう努力していきたいと思いますし、近い将来は新医薬有効成分の探索にも携わりたいと希望しています。“小林化工”の名が、患者様や多くの医療関係者の方々に認識されること、そしてこれらの方々に喜んで頂ける製品を開発すること、それが私の夢です。