コンプライアンス研修の実施について

2021.06.01

小林化工では、倫理・法令遵守の意識を高めることを目的として、まずは経営陣や管理職が自ら変わることが必要であることから、2021年3月4日と3月10日にTMI総合法律事務所 中村勝彦弁護士を講師にお迎えし、コンプライアンス研修を実施致しました。

当研修におきましては、前半はグループディスカッション形式で当社事案の根本原因や再発防止について議論し、後半は具体的な事例を交えながらご講演いただきました。
また、2021年4月8日から2021年5月6日の期間で中村勝彦弁護士を再びお迎えし、全7回に亘って管理職以外の社員を対象としたコンプライアンス研修を実施致しました。

コンプライアンス研修を通して、あらためて「コンプライアンス」とは、単なる法令遵守ではなく、法令と倫理の遵守かつ、社会の要請に適切に応えることが重要であること、管理者層の継続的かつ積極的なコンプライアンスへの関与が重要であるとを再認識致しました。

小林化工は、法令を遵守し、社会の要請に適切に応えていけるような体制・環境作りに取り組んで参ります。