ページの先頭へ

採用情報

トップ > 採用情報 > 社員紹介 > 営業本部

社員紹介

営業本部

営業本部
所属部署
営業本部 東京営業部
担当業務
MR(医薬情報担当者)
主な業務内容
日々医療機関等に立ち寄り、自社製品採用のため情報を提供して適正使用に繋げる

志望動機について

仕事を通じて社会貢献したいという想いが、今の仕事に繋がっている

私は仕事を通じて社会貢献したいという想いがありました。漠然としていましたが、健康に直結する医療業界の職に就きたいと考えていました。就職説明会に参加する中で、私の地元である福井県から日本全国、そして海外に目を向けて活動している小林化工に惹かれました。そして会社説明会や工場見学等に参加する中で、医療従事者の現場の声やニーズを感じられるMR職(医薬情報担当者)に関心を持ち、小林化工を志望しました。 製薬業界は医薬品を通じて、人々の生活の基盤である健康に貢献することを目的としています。
私が入社した2013年以降、医療を取り巻く環境は日々変化しています。勿論、病院や開業医、調剤薬局等、立場が違うだけで現場の声も異なってきます。そういった一つ一つの声(ニーズ)を汲み取りMR活動に生かしていく仕事にやりがいを感じています。

業務内容

営業本部

私が所属している営業部は所属部員のほとんどがMR(医薬情報担当者)として活動しています。МRの主な役割は患者様への安全を念頭に自社製品の関連情報を医療従事者へ提供し適正使用に繋げることです。
また並行し自社製品をより普及させるための情報提供も行います。具体的には、弊社のユースフルジェネリックが、先発品と比べどのような点が改良されているのか、他社ジェネリックと比較し、差別化出来る付加価値があるのか等を説明します。
医療従事者にご理解いただき、適正使用していただくことを考え行動しています。
また副作用が発生した場合は、安全管理部と連携し、速やかな情報収集活動を行います。そして収集した情報を社内へフィードバックすることで製品を安全に使用していただけるよう努めています。

やりがい・今後の目標

営業本部

会社の代表者として信頼関係を築いていきたい

新人の頃、ある調剤薬局の社長に「医療機関において小林化工の製品を採用すると言われることも重要だが、あなたの会社が取り扱う製品を採用すると言われるような活動をした方がよい」とご指導を受けたことがありました。
医療従事者の方と面談するときは、会社の代表者として、私自身のことを信頼していただくよう心掛け行動し、そのうえで自社製品を理解して頂くよう努めています。
信頼関係を築いていく中で「あなたの会社が取り扱う製品を採用する」と言われた時は、とてもやりがいを感じます。
日々、後発品推進の流れがある中で、医療機関の求める情報をタイムリーに提供し、自社製品の案内を通じて一人でも多くの医療従事者の方と信頼関係を築いていくことが私の目標です。

ある1日のスケジュール
8:00 卸(販売会社)にて打合せ
医療機関の後発品関連の情報交換
日程調整し同行の提案や日程調整した上で卸の朝礼時間にプレゼンを行うこともあります。
dot
9:00~12:00 医療機関訪問
医療機関(病院、開業医、調剤薬局)を訪問します。日によって訪問先は異なります。訪問し、面談をする中で医療機関のニーズのあった製品の提案、情報提供を行います。
dot
12:00~13:00 調剤薬局にて勉強会
勉強会はお昼の休憩時間を利用し実施するケースが主です。会社紹介をはじめ業界トピックス、製品案内を行い、当社製剤をより理解して頂けるよう努めます。
dot
13:00~18:00 医療機関訪問
午前同様、医療機関を訪問します。一日の訪問軒数は10軒前後になります。直行直帰がほとんどのため、日々のスケジュール管理が重要となります。
営業本部

私は学生時代よりサッカーをしていたので、現在も週末はサッカーをしています。身体を動かすことで、運動不足を解消し、健康に過ごせるよう心掛けています。
最近は登山やボルダリング等、新しい事に興味が出てきてアクティブに過ごしています。
動く分、お腹も空くので友人と食べ歩きしながら日々美味しいお店探しをしています。

小林化工
 Copyright(c)  Kobayashi Kako co.,Ltd All right reserved.