ページの先頭へ

採用情報

トップ > 採用情報 > 社員紹介 > 研究開発本部

社員紹介

研究開発本部

研究開発本部
所属部署
研究開発本部 製剤開発部
担当業務
製剤研究
主な業務内容
処方設計・製造方法の検討から、工業生産技術の検討・技術移転までの製剤研究業務全般

志望動機について

地元企業で有機化学の知識を活かしたい

私は大学で有機化学を専攻していました。そのため就職活動当初から、有機化学の知識を生かせる医薬品関連の仕事に携わりたいと考えていました。そのような時、先生方から大学の先輩が働いている小林化工を紹介されました。福井で育ち、地元で就職したいと考えていた私は、地元企業で、自分の興味ある分野の仕事に携わることができるチャンスだと思いました。
さらに、小林化工が「より飲みやすく、より取扱いやすい医薬品の開発」を目指している点にも非常に魅力を感じました。私もこの会社で、患者さんや医療関係者の方々に喜ばれる付加価値製剤の開発にぜひ携わりたいと思い、小林化工への入社を決めました。

業務内容

研究開発本部

私は、製剤技術総合研究所で経口剤の製剤研究業務に携わっています。業務内容は、処方設計・製造方法の検討から、工業生産技術の検討・技術移転までの、製剤研究業務全般を行っています。
私が業務を進める上で特に心掛けていることは、将来の工業生産を見据えた効率の良い製造方法を確立することです。日頃から製造現場のことを意識することで工業生産時の技術移転がスムーズに進みます。また、作業効率の向上や製品の安定供給にもつながります。このほかにも、特許文献や発表論文などから最新の技術や知識を得ることを心掛けています。得た知識や技術を生かし、生産性と製品特性のバランスがとれた付加価値製剤の開発を目指しています。

やりがい・今後の目標

研究開発本部

小林化工を代表する製品・技術の開発に貢献したい

製剤研究業務は、製剤の開発コンセプトの打ち合わせや開発コンセプトに基づいた製剤化・工業化の検討など、製品に直接関わる業務が大部分を占めます。当社が目指す付加価値製剤の開発には乗り越えるべき課題があります。日々の業務において大きなプレッシャーを感じることもありますが、自分が携わった製品が患者さんや医療関係者の方々の手元に届くと思うと、より良い製品を開発しようという力が湧いてきます。そして、仲間と力を合わせてようやく製品を市場に出せた時は達成感や充実感を感じます。この時感じる達成感や充実感は、私にとっての大きなやりがいにつながっています。
私の今後の目標は、小林化工を代表するような製品・技術の開発に貢献することです。そのためにも製剤に関する知識や技術をさらに深め、様々な角度から物事を捉えられるよう、柔軟な発想を大切にしたいと考えています。

ある1日のスケジュール
出社
出社後はメールや業務連絡等を確認し、その日の業務の優先順位を考え、一日のスケジュールを決めます。
dot
9:00 ミーティング
その日の業務内容・進捗状況について上司・同僚とミーティングを行います。さらに他部署と連携する案件では、部署間・担当者間で意見交換を行い、情報を共有します。
dot
10:00~ 実験・研究業務
処方・製法検討、工業化検討などスケジュールに沿って実務を行います。
dot
17:00 実験結果考察
その日の実験で得られたデータを整備し、検討結果について考察します。さらに先輩方の意見も参考にして、以後の実験計画を立てます。
dot

退社

研究開発本部

仕事の後はよく同僚と食事に行きます。特に仕事に一区切りがついた時には、仕事を共にした仲間と労をねぎらいます。普段から周囲とコミュニケーションをとることで、互いに尊重し合えるよい関係を築けていると感じています。

小林化工
 Copyright(c)  Kobayashi Kako co.,Ltd All right reserved.