ページの先頭へ

採用情報

トップ > 採用情報 > 社員紹介 > 信頼性保証本部

社員紹介

信頼性保証本部

信頼性保証本部
所属部署
信頼性保証本部 品質管理部 原料・資材試験グループ
担当業務
医薬品製造に使用する原料・資材の受け入れ試験
主な業務内容
物質の性質を調べる確認試験、HPLCによる定量や類縁物質試験、GCによる残留溶媒試験

志望動機について

飲みやすい医薬品を提供する仕事に携わりたいという想いから

私は持病の喘息の発作が起こる度に処方されていた薬の味と服用法が苦手で、飲みにくいと感じていました。そのため、飲みやすい薬に興味を持ち、その中でも様々な工夫が凝らされているジェネリック医薬品の仕事に携わりたいと考えていました。また、私は就職を機に生まれ育った福井に戻り、地元に貢献したいという気持ちも強くありました。
そのような想いと合致したのが小林化工です。会社独自の工夫を施した「ユースフルジェネリック」を開発している小林化工でこそ、自分が携わりたかった、飲みやすい医薬品を提供する仕事ができると感じました。また、最新の設備を備えた工場などを次々と新設し、成長し続けているところにも魅力を感じました。私も小林化工で働き、会社とともに成長したいと思い、入社を志望いたしました。

業務内容

信頼性保証本部

私は品質管理部の原料・資材試験グル―プに所属し、医薬品製造に使用する原料・資材の受け入れ試験を行っています。試験には物質の性質を調べる確認試験からHPLCによる定量や類縁物質試験、GCによる残留溶媒試験など様々な種類があります。そのため、扱う分析機器や試薬がとても多く、入社当初は仕事を習得するのに大変苦労しました。少しでも早く仕事を覚えるために、分からないことはすぐに調べたり先輩社員に聞き、その後しっかり復習するように心がけています。
扱える分析機器が増えていくたびに自分自身の成長を実感することができ、喜びを感じます。

やりがい・今後の目標

信頼性保証本部

いずれは品質管理における全ての業務をこなせるようになりたい

高品質な医薬品を患者さんに提供するため、品質管理部ではGMPに基づいた公正かつ厳密な品質管理を行っています。原料・資材の受け入れ試験では、高品質な医薬品を製造するのに適しているものかどうかを判断します。製品試験では、当社で製造した医薬品が出荷規格に適合しているかを見極めます。いずれも責任の重い仕事です。それだからこそ、患者さんが手にする医薬品が常に高品質であるよう、徹底して管理できることにやりがいを感じています。
現在は原料・資材試験グループで勉強中ですが、製品試験、安定性モニタリング、バリデーションなど、いずれは品質管理における全ての業務をこなせるようになりたいと思っています。そのためにも、積極的に学ぶ姿勢を大事にし、日々の試験に取り組んでいきたいです。

ある1日のスケジュール
出社
前日に使った器具を片付けます。その日の試験の確認・準備も行います。
dot
10:00 原料・資材試験
自分に割り振られた原料・資材の試験を行います。日によって試験検体の種類や量が違ってくるので、多いときは一日で終わらないこともあります。
dot
15:00 試験結果の整理
終了した試験の結果を整理し、生データシートや成績書の作成を行います。成績書は社外に提供することもあるため、間違いがないよう何度もチェックしながら作成しています。
気付いた点をまとめ、書面で提出します。
dot
退社
退社後はジムやバスケなどで体を動かしています。特にデスクワークが多い日の運動は気持ちが良いです。
信頼性保証本部

私はスポーツ観戦が好きで、特に海外(ヨーロッパ)のサッカーを見ています。基本的にはテレビ観戦がほとんどなのですが、日本で開催された海外サッカーチームの試合を生で観戦した時は、選手や応援団の迫力に感動と興奮の連続でした。いつか、本場ヨーロッパサッカーの試合を現地観戦してみたいです。

小林化工
 Copyright(c)  Kobayashi Kako co.,Ltd All right reserved.