ページの先頭へ

採用情報

トップ > 採用情報 > 社員紹介 > コーポレート本部

社員紹介

コーポレート本部

コーポレート本部
所属部署
コーポレート本部 総務部
担当業務
広報
主な業務内容
広告出稿・工場見学対応など広報業務全般

志望動機について

小さいころの記憶が、今の仕事に繋がっている

私は就職活動を始めた頃、どのような仕事、どのような業界に就きたいのか、まだ自分の中ではっきりしていませんでした。様々な説明会に参加していた中で出会ったのが小林化工です。
「製品をより飲みやすく、より取扱いやすく」といった、患者さんや医療関係者の方々の目線に立った製品開発をしているところに非常に魅力を感じました。私自身、小さい頃は薬が苦くて大嫌いだったことや、いつも苦労して一度にたくさんの薬を飲んでいた祖母を思い出しました。直接開発に携わることはできないにしても、縁の下の力持ちとして飲みやすい、取り扱いやすいといった付加価値のついた薬の開発を支えていきたいと思い、小林化工を受けてみることにしました。
就職試験のときに必ず聞かれるのが志望動機です。他の製造業ではどれだけ頭をひねっても出てこなかった志望動機が、小林化工のときはスラスラと出てきました。このことも、この会社で働きたいと思うきっかけの一つになっています。

業務内容

コーポレート本部

私が所属している総務部は人事・経理・購買をはじめ、電話・来客応対等の庶務業務、広報、システム管理など様々な業務を行っています。そのため、ほとんどの人が複数の業務を兼務しながら、日々の業務に取り組んでいます。その中で、私は主に広報を担当しています。広報では広告出稿やメディア取材・工場見学会の対応を行います。広告出稿は依頼をいただくことが多いので、同時に複数の案件を抱えることもあり、それぞれの締切や進行状況を把握して、漏れがないように気を付けています。工場見学会では事前にスケジュールを立て、当日は司会進行や会社概要などの説明を行います。この他、会社パンフレットやDVD、ホームページ等の企画も広報が携わっています。他部署や社外の方々と打ち合わせを重ねながら、自社の情報をアピールして発信できるよう、担当者として考えて、形にできるよう実行しています。

やりがい・今後の目標

コーポレート本部

会社について理解を深め魅力を発信していきたい

私は就職活動中に小林化工が付加価値型製剤(ユースフルジェネリック)の開発を行っていることを知りました。多様化するニーズに応え、より飲みやすく、扱いやすい医薬品を目指し努力している姿勢に共感しました。そして、このような小林化工の姿勢を伝えることができる広報に携わりたいと思うようになりました。
現在は希望が叶い、広報担当としてホームページ作成に携わっています。自分で企画・提案し、実行していくことが初めてのため、まだ見通しが甘く、日々自分の無力さを痛感しています。しかし、自分の発言や行動が結果につながっていくという点で、非常にやりがいを感じています。
今後の目標は、社内外の方々からあの人に仕事を任せたい、一緒に仕事をしたいと思っていただける人材になることです。そのために、業務一つ一つを責任持ってやり遂げることが重要だと考えています。ただ言われたことをやるだけでなく、自分で考え、よりよい結果を導き出せるように業務を進めていきたいと思っています。

ある1日のスケジュール
出社
出社後まず、業界情報をグループウェアにアップします。その後、1日の予定やメールを確認します。
dot
9:00 資料作成・原稿校正
工場見学会のアジェンダやパワーポイントを作成します。また、広告等の校正を行いメールで修正を依頼します。
dot
15:00 ミーティング
自分が担当している案件について、社内で情報共有や意見交換を行います。知らない単語が出てきたり、様々な方の考えが聞けたりできるので、とても勉強になります。
dot
退社
コーポレート本部

仕事が終わった後や休日はよくバドミントンをしています。少し体を動かすだけでもいいリフレッシュになります。また、年1回会社の方々とマラソンに出ています。ほとんどの方が家族連れで参加されるので、とても賑やかで楽しいです。

小林化工
 Copyright(c)  Kobayashi Kako co.,Ltd All right reserved.