ページの先頭へ

採用情報

トップ > 採用情報 > 社員紹介 > 生産本部

社員紹介

生産本部

生産本部
所属部署
生産本部 生産部
担当業務
医薬品の製造(PTPシートへの充填)

志望動機について

ジェネリック医薬品という言葉がきっかけ

私は学生の頃、ジェネリック医薬品が新薬と同じ有効成分を持ち、かつ手に入れやすい価格の医薬品ということを知り、感銘を受けました。そのような中、企業説明会を通じて地元に小林化工というジェネリック医薬品メーカーがあることを知りました。詳しく調べてみると、小林化工がジェネリック医薬品の製造だけでなく、患者さんが飲みやすいよう製剤改良に取り組んでいることを知りました。昔から何らかの形で、病気に苦しむ人の役に立ちたいと考えていた私は、小林化工で働きたいと思うようになりました。また、地域の方々からは「真面目な社員が多く、信用もあり、これから益々伸びる会社だ」という声をよく耳にしました。伸び盛りの企業で働くことで、自身の成長にもつなげたいと思い、小林化工を志望しました。

業務内容

生産本部

私はPTPシートに錠剤を充填する作業を担当しています。錠剤は丸型や俵型など様々な形があり、製品によってサイズも異なります。その中でも俵型などの異形錠やサイズの大きい錠剤は扱いにくいため、機械の設定やシートを裁断する温度調整を手順書に従って慎重に行う必要があります。
また、錠剤に割れや欠けが発生することなく、シートに充填されるよう、錠剤の供給具合や機械の稼働状況に気を配りながら、充填のオペレーションを行っています。小林化工では多品種の製品を取り扱っているため、錠剤の種類に合わせて様々な技術が必要です。
私の技術力はまだまだ不十分ですので、先輩社員の指導を受けながら、日々自分の技術を磨いていきたいと考えています。

やりがい・今後の目標

生産本部

製品の安定供給に貢献していきたい

以前、病院の先生に「小林化工の薬を使っているよ」と言われたことがありました。その時初めて、自分が携わった医薬品が実際に患者さんの手元に届き、様々な人の命を支えていると実感することができました。また、私が担当しているPTP充填という工程は、一次包装のため直接錠剤を扱います。そのため、ラインクリアランスを徹底的に行うなど、一つ一つの作業に責任を持って取り組んでいます。患者さんが服用される錠剤を扱うというのは非常に責任が重い仕事ですが、その分やりがいも感じています。今後の目標は、製造機器に関するより多くの知識を身につけ、様々なハプニングにも対応できるようになることです。また、他の工程との情報共有をしっかり行うことで、より効率的でスムーズな製造を行い、製品の安定供給に貢献していきたいと考えています。

ある1日のスケジュール
出社
工場に入る前に健康状態を申告します。朝礼で1日のスケジュールを上司と確認した後、機械の状況、資材の準備及び充填部品の確認を行い、次工程とも連携しながら機械を稼働させます。機械を稼働させている間も、作業が少しでもスムーズに進むように、改善・工夫を心がけます。
dot
13:00
一日に数品目の製品を取り扱う場合、切替作業が必要で、機械の清掃・再調整を行います。切り替えの際は、細心の注意を払いながら作業に取り組みます。
dot
退社
PTP充填室の整理整頓や清掃を行います。その後、作業日報を提出し、工場を退出します。退出の際も健康状態を申告します。
生産本部

愛犬ロイ(トイプードル)が仕事帰りの私を出迎えてくれる瞬間が一番の癒しです。家族の中でも一番私に懐いてくれていて、毎日の散歩も楽しみの一つです。休日には家族や友人と一緒に愛犬のロイを連れてドッグランやドッグカフェに行くことで、日頃の仕事の疲れを一気に解消させて明日への活力にしています。

小林化工
 Copyright(c)  Kobayashi Kako co.,Ltd All right reserved.